トピックス

>トップページ >トピックス >在英国日本国大使館にて「維新150周年記念国際シンポジウム」を開催

在英国日本国大使館にて「維新150周年記念国際シンポジウム」を開催

 鹿児島大学は、山口大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)ならびに在英国日本大使館との共催により、6月22日に「維新150周年記念国際シンポジウム」を在英国日本国大使館にて開催しました。

 幕末に命懸けで英国に渡りUCLで科学や技術などを学び新しい日本創りの原動力となった、「薩摩スチューデント」と「長州ファイブ」の精神を受け継いで、明治維新から150年となる記念の年に、関係の深い3大学が連携して地球環境問題や大規模災害の課題について世界へ向けてメッセージを送ることは極めて意義深いことです。

 シンポジウムでは、今人類が抱えている地球規模の環境問題、大規模災害などの課題解決に向けて最新の科学技術をテーマに、宇宙科学技術、リモートセンシング技術、環境・防災技術をキーテクノロジーとして、安全で安心、かつ持続可能な人類社会を実現するための日英の研究動向について、日英の大学や研究機関の研究者が一般を対象に分かりやすく講演を行いました。

 また、シンポジウム終了後に開催された交流会では、鹿児島の紅茶や焼酎の紹介を行い、鹿児島の特産品なども提供し、鹿児島の食に触れてもらう機会ともなりました。

 前日には、UCLにて、本学とUCLとの間で「UCL稲盛留学生制度」の調印式が執り行われました。

 

(写真上 :挨拶する鹿児島大学 前田芳實学長)

(写真中上:講演する鹿児島大学 中尾 茂教授)

(写真中下:閉会挨拶する鹿児島大学 清原貞夫理事)

(写真下 :交流会で焼酎の紹介をする鹿児島大学玉置尚徳教授)

2018-06-22_Meiji150-085.jpg

 

2018-06-22_Meiji150-166.jpg

 

2018-06-22_Meiji150-222.jpg

 

2018-06-22_Meiji150-294.jpg