トピックス

>トップページ >トピックス >中国の湖南農業大学で講演を通じた国際交流を行う

中国の湖南農業大学で講演を通じた国際交流を行う

 6月14日、法文学部の片桐資津子教授が、湖南農業大学日本語学院(中国湖南省長沙市)の学生や教員と交流するため、同学院で講演を実施しました。湖南農業大学と鹿児島大学は、学術交流協定を結んでいます。また、長沙市と鹿児島市は友好都市です。
 
 講演のテーマは「日米の高齢者介護施設からみえる地域感覚と経営感覚――中国の高齢者ケア施設は日本型と米国型のどちらにより近いか?」でした。これは、科研費基盤C(平成27-30)「地域のケア拠点としての特養経営に関する日米比較研究」の研究成果の一部です。
 
 当日は、昨年度本学の留学生だった黄際雄さんが、講演内容を日本語から中国語に通訳してくれました。
 
 講演の様子は、こちらのページ(湖南農業大学日本語学院の学生たちが中国語で作成)をご覧ください。また上記サイトの日本語訳はこちらです。今年度本学の留学生である黎瑶さんが、中国語から日本語に翻訳してくれました。
 
(写真:記念撮影)
 
 
 
180711_houbun_kouen_s.jpg