トピックス

>トップページ >トピックス >稲盛記念館寄附受納式を開催

稲盛記念館寄附受納式を開催

 鹿児島大学は、本学工学部の卒業生で鹿児島大学名誉博士(京セラ株式会社名誉会長)である稲盛和夫氏から、本学の教育研究の充実・発展の場として、「稲盛記念館」をご寄附頂くこととなり、9月7日(金)に寄附受納式を執り行いました。

 

 寄附受納式では、稲盛名誉博士から、前田芳實学長へ目録が贈呈されました。

 続いて前田学長より、「『稲盛記念館』は、学生や教職員が日常的に集い、稲盛和夫名誉博士の歩みや哲学等に触れあい、コミュニケーションを図る場として、また、地域・産業界・国内外の研究者などとの交流促進のためのおもてなしの場として、有意義に活用させていただきたいと考えております。そして、博士の魂を継承した世界をリードする人材が育ち、地域・産業界等との連携がさらに強化され、本学のますますの発展につながるものと確信しております。」と稲盛名誉博士へ感謝の意を表して謝辞が述べられました。

 稲盛名誉博士からは、「何事も一所懸命、一心不乱に努力をすればできないものはないという教えを鹿児島大学で教わりました。どうぞ、今後大学関係者の皆さんが、努力をされ、若い学生諸君が、立派な社会人として成長されるよう教育指導を行っていただければと思います。」と激励のメッセージをいただきました。

 稲盛記念館は、本学郡元キャンパス学習交流プラザ前に建設予定で、来月(10月)着工し、平成31年10月に竣工予定です。稲盛名誉博士の歩みや哲学等にふれあうことのできる「稲盛ライブラリー」や「京都賞ライブラリー」を配する計画となっています。

 稲盛記念館の建物内の配置など詳細につきましては、これから検討する予定ですが、完成後には、改めて内覧会を含め披露式のご案内を予定しています。

 

(写真上:稲盛名誉博士から前田学長へ目録贈呈)

 

(写真下:記念写真 左から前田学長、稲盛名誉博士)

180907kifuj01.jpg

 

180907kifuj02.jpg