トピックス

>トップページ >トピックス >共通教育における成績優秀者14名を表彰しました(共通教育センター長賞)

共通教育における成績優秀者14名を表彰しました(共通教育センター長賞)

 共通教育センターでは、10月12日、平成30年度共通教育センター長賞表彰式を開催しました。
 この表彰は、共通教育における成績優秀者として、共通教育科目の通算GPAの値が3.5以上あった学生で、法文学部、教育学部、理学部、医学部保健学科、工学部、農学部、水産学部(医学部医学科、歯学部、共同獣医学部は来年4月の表彰予定)の上位2名を表彰するもので、今回は14名が受賞しました。
 飯干 明 共通教育センター長から出席した12名の一人一人に表彰状が手渡され、「共通教育は新しいカリキュラムが始まり今年で3年目を迎えます。大学の教育は自分で考えながら解答のない問題についても対応していかなければならない、そういう力を皆さんにつけていただきたいということで新しいカリキュラムがスタートしました。共通教育において様々な分野の科目を受講するなかで、素晴らしい成績を収められたことは、皆さんの日頃の努力の賜です。共通教育でそのような力を付けられた皆さんですので、専門教育はもとより社会に出てからも大きな成果が得られると思います。これからも学び続けて力を伸ばしていってください。」と激励の言葉が贈られました。
 共通教育センターでは、学生に自ら学習成果について自己点検させるとともに、学習達成度を測るために、GPA制度を導入しています。今後も、主としてGPA値を基にした成績優秀者の表彰と、成績不振者に対する指導・助言を行うとともに、共通教育科目の厳格な成績評価の点検及び授業運営の改善に資することとしています。
 
(写真上:表彰状の授与)
(写真下:記念撮影)

181012_center-prize02.jpg

 

181012_center-prize01.jpg