トピックス

>トップページ >トピックス >マイアミ鹿児島姉妹都市交流促進委員会会長が前田学長を表敬訪問しました

マイアミ鹿児島姉妹都市交流促進委員会会長が前田学長を表敬訪問しました

[記事掲載日:18.12.11]

 11月12日、マイアミ鹿児島姉妹都市交流促進委員会のホセ・フェンテス会長が前田学長を訪れました。
 マイアミ市は、サンシャイン・ステート「陽光あふれる土地」フロリダ州の半島南部に位置する都市であり、この地理的優位性から、観光・貿易・コンベンション・金融の拠点としてアメリカでも重要な都市になっています。また、海外への玄関口として重要な役割を果たしていることや、気候的に温暖であることから、鹿児島市と多くの類似点を有しております。
 マイアミ市と鹿児島市は1990年から姉妹都市協定を締結しており、本学はその2年後の1992年にマイアミ大学と大学間学術交流協定を締結した経緯がございます。今回は、フェンテス氏がフロリダ州のコミュニティ・カレッジであるマイアミ・デイド・カレッジの理事も兼任されていることから、同大学との人材育成のための教育交流プログラムについて、鹿児島大学との提携について申し入れるため、来訪されました。
 本学からは、前田学長、清原理事(教育担当)、畝田谷学長補佐(国際教育担当)が出席し、畝田谷学長補佐の進行のもと、交流プログラムに関する話題を中心に、終始和やかな雰囲気の中で懇談が行われました。マイアミ・デイド・カレッジとの交流については、今後本学内での協議が必要であるとの結論で懇談は終了しましたが、今後の両校の交流に注目が集まります。
 
写真上:懇談の様子
写真中:記念品交換
写真下:集合写真
 

181112miami_ku01.jpg

181112miami_ku02.jpg

181112miami_ku03.jpg