トピックス

>トップページ >トピックス >大学院連合農学研究科後期学位記授与式を挙行

大学院連合農学研究科後期学位記授与式を挙行

[記事掲載日:19.03.29]

 3月15日、平成30年度大学院連合農学研究科後期学位記授与式が挙行されました。このほど学位を取得したのは、課程博士28名、論文博士1名です。授与式では、前田 芳實鹿児島大学長から修了生一人ひとりに学位記が授与されました。
 
 前田学長から、「皆さまはこれから専門技術者あるいは教育者として新たな目標に向かって出発されますが、本連合農学研究科で切磋琢磨し、自らの学習と研究目標を達成されたことに誇りを持ち、今後ますます高い志を持って活躍されることを期待します。」と告辞があり、続いて構成大学を代表し、佐賀大学の宮﨑耕治学長の代理として有馬 進農学研究科長、琉球大学の大城 肇学長から祝辞がありました。その後、修了生を代表して佐賀大学配属のジャヤウィーラ ムディヤンセラーゲ プラサード ナヤナジト アヌラーダさんから謝辞があり、研究室の仲間や指導教員、家族に感謝の言葉を述べました。
 
 授与式後は祝賀会が開催され、修了生のご家族や指導教員らとともに、新たな博士の誕生を喜びました。
 
【課程博士28名】
・日本人14名
・外国人留学生14名(バングラディシュ5名、ベトナム2名、ミャンマー1名、スリランカ1名、パナマ1名、中国1名、フィリピン1名、バハマ1名、ベナン1名)
 
 
 

190315_rendai_pic01.jpg
学位記授与

 

190315_rendai_pic00.jpg
前田学長による告辞

 

190315_rendai_pic02.jpg
修了生を代表して謝辞を述べるジャヤウィーラさん

 

190315_rendai_pic03.jpg
記念撮影(左から、寺田連合農学研究科副研究科長、優秀学生のアイリスさん、前田学長)