トピックス

>トップページ >トピックス >学部・研究科における教育研究の状況の評価に関する学内説明会を開催しました

学部・研究科における教育研究の状況の評価に関する学内説明会を開催しました

[記事掲載日:19.09.17]

 9月13日、農学部・共同獣医学部共通棟101号教室において、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構 土屋 俊特任教授及び同機構 渋井 進教授を講師としてお招きし、「学部・研究科における教育研究の状況の評価に関する学内説明会」を開催、85名の教職員が参加しました。
 
 本説明会では、佐野 輝学長から開会挨拶の後、土屋特任教授から学部・研究科等における教育課程の評価と内部質保証についての概要説明、続いて、渋井教授からは、国立大学法人教育研究評価における教育及び研究の現況に関する評価の枠組みについての説明がありました。
 参加者はみなメモを取るなどしながら、熱心に耳を傾けました。
 
 その後の質疑応答では、参加者から質問等が寄せられ、これからの報告書作成に向けての大変有益な機会となりました。
 
 また、閉会挨拶では、岩井 久理事(企画・社会連携担当)から、4年目終了時評価及び大学機関別認証評価作業について、改めて参加者をはじめ関係者すべてに対しての協力依頼がなされました。 
 
190917_hyouka_pic01.jpg190917_hyouka_pic02.jpg
説明を行う土屋 俊特任教授と渋井 進教授
 
 
190917_hyouka_pic03.jpg
質疑応答の様子