トピックス

>トップページ >トピックス >大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館のケーラー総領事が学長を表敬されました

大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館のケーラー総領事が学長を表敬されました

[記事掲載日:19.11.08]

 10月31日、大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館のヴェルナー・ケーラー総領事が、佐野 輝学長を表敬訪問されました。

 ケーラー総領事は、同日開催の「ベルリンの壁崩壊30周年特別講演会」の講演者として本学を訪れ、表敬が実現したものです。ベルリンの壁崩壊から30周年を迎える今年、本学では「ベルリンの壁崩壊30周年記念パネル展」を企画・実施し、特別講演会はこの企画の一環として開催されました。また、ケーラー総領事とともに当日講演を行う元朝日新聞ベルリン支局長・国際本部長の亘理 信雄氏も同行されました。
 
 
191031_ghyoukei_pic01.jpg
表敬の様子
 
 
 
 冒頭、佐野学長は、ケーラー総領事および亘理氏に対し、講演への謝意を表するとともに、本学がドイツの5大学と学術交流協定を締結していること等に触れ、今後両国の協力・交流を一層広げていきたいと述べました。懇談では、ケーラー総領事より、鹿児島大学の国際的な取組について質問があり、佐野学長から、本学の管理運営並びに欧州獣医学教育機関協会(EAEVE*)による獣医学教育認証取得に向けた取組やグローバル教育プログラム等について紹介がなされ、終始和やかな雰囲気で懇談が行われました。
 
 
191031_kouen_d_g_pic02.jpg
佐野学長とケーラー総領事(右)
 
 
191031_kouen_d_g_pic03.jpg
佐野学長と亘理氏(右)
 
 
 なお、表敬訪問に先立ち、ケーラー総領事と亘理氏は法文学部の学生とも懇談されました。懇談会および特別講演会の様子はこちらをご覧ください。
 
*EAEVE(European Association of Establishments for Veterinary Education)の略
 
 
191031_kouen_d_g_pic04.jpg
記念撮影