トピックス

>トップページ >トピックス >「イノベーションジャパン大学見本市」に教員が研究を出展中

「イノベーションジャパン大学見本市」に教員が研究を出展中

[記事掲載日:20.10.05]

inobepic1.jpg
 
 本イノベーションジャパン大学見本市は、全国の大学等の技術シーズを一堂に集め企業へ紹介し、産学連携の推進、技術移転のきっかけとなる場を提供することにより、産業活動の活性化を目指す国内最大規模の産学連携マッチングイベントで、今年は、9月28日(月)~11月30日(月)の期間、オンラインで開催中です。
 
 本学からは、以下のとおり、4人の教員の4つの研究を出展しています。
 是非、ご覧ください!
 
 
 

【出展中の4つの研究】

1. 理工学研究科 工学専攻 石川 岳志 教授

(ライフサイエンス)医薬品開発を指向した量子化学プログラム「PAICS」の開発

 詳細はコチラ

inobepic2.jpg
 
 
 
2. 理工学研究科 電気電子工学専攻 青野 祐美 教授
(マテリアルリサイクル)光で動く炭素フィルム
 詳細はコチラ
inobepic3.jpg
 
 
 
3. 理工学研究科 理学専攻 小山 佳一 教授
(マテリアルリサイクル)磁場制御による高機能性物質材料の合成・育成と分解・分離制御及びリサイクル技術
 詳細はコチラ
inobepic4.jpg
 
 
 
4. 工学部 先進工学科 吉田 賢史 助教
(情報通信)5Gワイヤレス端末に活用できる銅ボール実装技術
  詳細はコチラ
inobepic5.jpg
 
詳細については、こちらの産学・地域共創センターHPも参照下さい。