トピックス

>トップページ >トピックス >『鹿大「進取の精神」支援基金』支援会第6回役員会を開催    

『鹿大「進取の精神」支援基金』支援会第6回役員会を開催    

[記事掲載日:20.11.09]

 11月4日、『鹿大「進取の精神」支援基金』支援会の第6回役員会が開催されました。
 
 この支援会は、鹿児島県内の経済関係5団体、医療関係5団体、農水産業関係2団体、金融関係1団体、同窓会連合会の14 団体の長により構成されており、鹿大「進取の精神」支援基金の募金活動のご支援をはじめ、本基金による実施事業に関する助言や協力をいただいております。
 本支援会の役員会は、最低年1回開催され、鹿児島大学から基金の募金状況や基金による事業報告及び事業計画などについて説明の後、役員による意見交換を行っております。
 
 今回の役員会では、本支援会の会長である岩崎 芳太郎 鹿児島県商工会議所連合会会長による開会挨拶の後、「基金の資金計画及び募金状況」「令和元年度事業報告及び令和2年度事業計画」「基金による過去4年間の事業成果」「今後の事業展開」について協議が行われました。
 
 協議の後、佐野 輝 学長から鹿児島大学の現状と取組について報告があり、「令和元年度から令和2年度の公式行事やその他のニュース」「新型コロナウイルス感染症への対応状況や学生への経済支援の状況」「学長所信表明に対する業務実績」などについて、詳細な説明がありました。
 
 基金事業の今後の更なる発展に向けて、基金の現状や今後の事業展開、さらに鹿児島大学の全体的な状況について、役員の皆様に理解を深めていただく機会となりました。
 
 
●参考>鹿大「進取の精神」支援基金について
 
 
201104_shienkai_pic03.jpg
議長の岩崎 芳太郎 鹿児島県商工会議所連合会会長
 
 
201104_shienkai_pic02.jpg
協議の様子
 
 
201104_shienkai_pic03.jpg
鹿児島大学の現状と取組みについて説明する佐野 輝学長