トピックス

>トップページ >トピックス >【獣医】令和3年度共同獣医学部動物慰霊祭を縮小開催

【獣医】令和3年度共同獣医学部動物慰霊祭を縮小開催

[記事掲載日:21.10.12]

211012_animal_sn.jpg
 9月29日、共同獣医学部は附属動物病院の動物慰霊碑前において動物慰霊祭を執り行いました。
 
 動物慰霊祭は、治療の甲斐なくかけがえのない命を亡くして逝った伴侶動物(犬や猫などの愛玩動物)や、生命の仕組みを解明するとともに、病気の治療法及び予防法を発展させる上で、多大の貢献をしてくれた動物たちの霊を慰めるために毎年行っているものです。
 今年度は、昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一般の方々にはご参列頂かない形での開催となりました。また、学生についても、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、参加を見送ることとし、新型コロナウイルス感染防止策を講じたうえで、参列者及び式の内容を縮小して開催し、教職員約50名が参列しました。
 
 三角 一浩 共同獣医学部長による主催者挨拶に続いて、藤木 誠 附属動物病院長から「獣医学科における教育研究のため、掛け替えのない生命を提供し、無言の協力をしてくれた動物たち、また、家族の一員として人間と愛情で結ばれながら、病に冒され、動物病院における治療の甲斐もなく倒れた動物たちの御霊に、心から哀悼と感謝の意を表し、冥福をお祈りいたします。」と、祭文朗読が行われました。
 その後、学生を代表して、獣医学科5年生の坂口実穂さんから慰霊の言葉が述べられ、参列者は、動物の尊い命に哀悼の意を表し、焼香を行いました。
 
211012animal_pic1.jpg
主催者挨拶する三角 一浩 共同獣医学部長
 
211012_animal_pic2.png
慰霊の言葉を述べる坂口実穂さん(獣医学科5年生)