鹿児島大学 鹿児島大学総合教育機構

センターの取り組み

入学者選抜方法の改革

自己推薦型入試の導入(2020年度入試より導入)

導入の目的

鹿児島大学では、「学びたい力」(鹿児島大学への入学を強く希望する者)、および「学ぶ力」(大学の授業を受講できるレディネス*)を持った人材を求めていることから、新たな多面的総合的評価入試である「自己推薦型入試」を新設します。
鹿児島大学では現在、教育改革を推進しており、中でも入試改革は、学位の質保証のために必要な教育改革の一環と位置づけています。「自己推薦型入試」の新設により、入試を起点として、目標達成型・体系的一貫教育における初年次教育への円滑な接続を目指します。
(*レディネスとは、学問の修得や学修には、一定レベルの知識・経験、心身の成熟などの素地が必要であり、これらの条件のことをいう) 「学びたい力」(鹿児島大学への入学を強く希望する者)については、現役生や既卒生を対象とし、また、推薦入試に見られるような一高校からの人数制限枠等を設けず、鹿児島大学を第一志望とする受験生が、自らの意思で自由に出願できることとします。
「学ぶ力」(大学の授業を受講できるレディネス)については、個別試験として講義型試験を実施します。講義型試験では、①講義を主体的に聴いて要点を「キャッチ(思考・判断・理解)」し、②キャッチした要点を「メモ」し、③出題された設問等に文章で的確に表現する能力を評価します。
一般入試(前期日程)で主に知識・技能、思考力を、一般入試(後期日程)で主に思考力、意欲・関心、適性を重視しているのに対し、この自己推薦型入試は、学力の3要素の中で、思考力、判断力、表現力、主体性を特に重視する入試です。
講義型試験では、大学入学後の授業(初年次教育)の導入段階での「学ぶ力」の形成力を確認することが目的であることから、必ずしも高等学校における各教科・科目の高度な専門知識を前提とせずとも、講義内容を理解できるように配慮し、志願する学部・学科等に関わらず同一の内容とします。

導入する学部・学科等

以下の8学部での導入が現時点で決定しています。 法文学部人文学科(全コース)、理学部(全学科)、医学部保健学科看護学専攻、歯学部歯学科、工学部(学科未定)、農学部(全学科・全コース)、水産学部(国際食料資源学特別コース)、共同獣医学部獣医学科

選抜方法

大学入試センター試験の成績、講義型試験(2月上旬実施予定)、および出願書類・面接試験等の結果を総合して合格者を決定します。大学入試センター試験は、5教科7科目をベースとしますが詳細は決定次第公表します。
講義型試験では、まず、高等学校の1コマの平均的な時間の範囲内で講義を聴講し、その間、講義内容をメモするなどして理解を深めます。その後、講義内容に関連した設問に解答 する形式とします。
※「各募集単位の募集人員」「大学入試センター試験利用教科・科目数」「個別試験利用科目等(面接の実施の有無等)」等については決定次第公表します。

外部英語試験の導入

グローバルに活躍できる人材育成は時代の要請であり、言語や文化の異なる人々と主体的に協働していくためには、国際共通語である英語の「読む」、「聞く」、「書く」、「話す」の4技能を総合的に育成・評価することが強く求められています。そのため、鹿児島大学では、英語4技能を高いレベルで修得している人材を受け入れるべく平成29年度より外部英語試験を導入しています。

導入方法及び外部英語試験のスコア基準

受験生にもたらす効果

現在の大学入試センター試験の受験機会は高校3年間で一回限りですが、外部英語試験の導入により、英語(外国語)1教科に限定されるものの、高校3年間の中での受験機会の複数回化が担保され、生徒の日常的な学習意欲の高まり、および学習意欲の高まりによる英語力の向上という教育的効果が期待されます。

国際バカロレア入試の実施

近年我が国では、少子化、生産年齢人口の減少、グローバル化の進行とともに、イノベーションの創出が求められるなど、大きな変化に直面しています。このため、自ら課題を設定し、あらかじめ決まった正解のない問題に解を見いだし、他者と協調しつつ、実現力や主体的に学び考える力などを備えた人材育成が喫緊の課題となっています。 国際バカロレアは、主体的に学び考える力、コミュニケーション能力や異文化を受容する力、論理的思考力、課題発見・解決能力などを育成する有益なプログラムであり、鹿児島大学は、国際バカロレア資格取得者は我が国の人材育成に求められている上記の能力・資質等を備え  ていると考えています。こうした認識のもと、鹿児島大学は、時代を切り拓く人材を育成するための新たな入学試験として、国際バカロレア入試を平成28年度入試より導入し、平成29年度入試からは全9学部で実施しています。

導入によって期待される効果

  • 英語力の高い学生の入学者に占める割合の増加
  • 英語力や学びへの主体性など、これまでとは質の異なる学生の受け入れによる一般学生に対する学びへの触発

募集の概要(2019年4月入学 国際バカロレア入試)

【入学者選抜実施日程】
出願期間:2019年1月22日(火)~24日(木)17時必着
検査日:2019年2月9日(土)
合格者発表日:2019年2月13日(水)
入学手続日:2019年2月19日(火)17時必着
【募集人員】
全学部・全学科の全募集単位:若干名
【出願資格】
国際バカロレア入試の出願資格については、各年度の「入学者選抜要項」または「学生募集要項」をご覧ください。詳しくはこちらから。
【入学者選抜方法】
 国際バカロレア入試の入学者選抜方法については、各年度の「入学者選抜要項」または「学生募集要項」をご覧ください。詳しくはこちらから。
【入試実績】
 国際バカロレア入試の入試実績については、各年度の「入試実施状況」をご覧ください。