トピックス

>トップページ >トピックス >教育学部の池川教授が日本芸術院賞の授賞式に出席しました

教育学部の池川教授が日本芸術院賞の授賞式に出席しました

[記事掲載日:19.07.11]

190711tokinotabibito_pic01.jpg

 3月22日、教育学部の池川 直教授が制作した彫塑「時の旅人」(平成30年度改組新第5回日展出品作)が日本芸術院賞を受賞し、6月24日、東京上野の日本芸術院会館において授賞式が挙行されました。
 

 受賞作の「時の旅人」は、人物2人と犬を組み合わせた195cmの繊維強化プラスチック製の群像で、古代からのメッセージに気付かなければならないという思いを込めた作品です。また、寄り添う犬には、数年前に亡くした愛犬の姿を重ねたそうです。
 

 授賞式には、天皇皇后両陛下が行幸啓され、池川教授は両陛下に作品の解説を行いました。また、授賞式後には、皇居・宮殿の茶会に招かれ、秋篠宮皇嗣同妃両殿下、眞子様、佳子様とも芸術について歓談されました。
 

写真:「時の旅人」池川教授制作

 

 

 


【関連】
教育学部の池川教授が平成30年度(第75回)日本芸術院賞を受賞[19.04.12]
教育学部の池川教授が第75回日本芸術院賞授賞式の報告を行いました[19.07.09]