トピックス

>トップページ >トピックス >薩󠄀摩川内市長が学長を訪問

薩󠄀摩川内市長が学長を訪問

[記事掲載日:21.12.22]

211215_satsuma_1.jpg
 12月15日、薩󠄀摩川内市の田中 良二市長が、佐野 輝学長を訪問されました。
 薩󠄀摩川内市とは、それぞれの資源や機能の活用を図りながら、より幅広い分野で相互に包括的に連携協力し、地域社会の活性化に寄与することを目的として、令和元年7月に包括連携協定を締結し、複数の連携事業を実施しています。今回は、田中市長が令和2年11月にご就任され、そのご挨拶も兼ねてのご訪問となりました。
 懇談において田中市長から、産業おこし、雇用の問題や川内港の整備など、薩󠄀摩川内市の現状と課題について、様々な取組に触れながら説明が行われました。また、佐野学長からは、かねてより行われている薩󠄀摩川内市の甑󠄀島における海洋深層水を用いたアワビとナマコの複合養殖手法の開発や漁獲量国内トップクラスのキビナゴを活用した高付加価値化実証プログラムなどの連携事業以外にも、本学が協力できると思われる事例を述べ、意見交換を行いました。
 懇談には、岩井 久理事・副学長(企画・社会連携担当)、田頭 吉一副学長(財務・施設担当)・事務局長も同席し、今後も様々な機会での連携を図り、地域社会の発展のために薩󠄀摩川内市と鹿児島大学が協力していくことが確認されました。
 
211215_satsuma_2.jpg
懇談の様子
 
211215_satsuma_3.jpg
 
211215_satsuma_4.jpg
 
211215_satsuma_s.jpg
記念撮影