トピックス

>トップページ >トピックス >鹿児島大学×三井ホーム!「かごんまの色®」を採用した地域共創の住宅を発表

鹿児島大学×三井ホーム!「かごんまの色®」を採用した地域共創の住宅を発表

[記事掲載日:20.04.24]

200422mitsuihome_sangaku_pic01.jpg

インテリア壁に「かごんまの瑠璃色」を採用したモデルハウス
(写真はイメージです)

 

 本学と三井ホーム鹿児島株式会社は、鹿児島カラー「かごんまの色®」を採用した住宅(モデルハウス)を共同で開発しました。

 「かごんまの色®」は本学の登録商標で、環境色彩学研究会(代表:本学特任助教 牧野 暁世)が鹿児島県全域から選定した地域の特産物・景観・方言などの色彩調査や住民の意見を取り入れ、基本色18色、展開色63色の「鹿児島らしい色」として厳選したカラーセットのことです。

 詳細についてはプレスリリースをご覧ください。

 

■プレスリリース[PDF]

「産学連携(鹿児島大学 × 三井ホーム)  鹿児島カラー“かごんまの色®”を採用した地域共創の住宅を発表」

 

 新型コロナウイルスの感染が拡大している中、三井ホーム鹿児島株式会社及び三井ホーム株式会社の皆様のご尽力により、本学からもこのような明るい話題を発信することができました。

 しかしながら、鹿児島県でも感染者の数が増加し、予断を許さない状況であることも事実です。

 この事態が収束し、地域内外の皆様にモデルハウスを自由にご覧いただき、お楽しみいただける時が一日でも早く来ることを願っております。

 なお、モデルハウスの公開状況・見学については、三井ホーム鹿児島株式会社にお問い合わせください。

 

■「かごんまの色®」についてはこちら

200422mitsuihome_sangaku_pic01.jpg

 

本学教員へのご取材を希望される報道機関の皆様へのお願い


【関連】