就職支援

>トップページ >就職支援 >理事ご挨拶

理事ご挨拶

 鹿児島大学の学部卒業生、大学院修了生の就職におきまして日頃から格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 鹿児島は独自の歴史と豊かな伝統の中、我が国の変革と近代化を推進する過程において困難に果敢に挑戦する人材を多く輩出してきました。鹿児島大学はその伝統と気風を受け継ぎ、「進取の気風」あふれる総合大学を目指して教育・研究活動を行い、意欲溢れる学生を育てるべく努力しています。

 日本の経済は、グローバル化や新興国の台頭による競争激化、少子高齢化、首都の過密と地方の過疎等の様々な難問の中で大変厳しい状況下にあると思います。こうした厳しい状況下においても新しい価値観を探り、日本の発展を考え、それを通して地球規模の発想の出来て地域の活性化にも貢献できる人材育成を鹿児島大学は重要な課題と考えます。

 このため、全学の教職員の協力のもと、文科省からの予算が厳しくなる中においても、専門教育のみでなく、共通教育センターの教員を増員させ共通教育の充実を図りました。新しく始まった共通教育カリキュラムは、特にプレゼンテーション能力、文章表現能力の向上を図ることを目指しています。29年度からは、アドミッションセンター、グローバルセンター、共通教育センター、高等教育研究開発センターから成る「総合教育機構」を発足させました。この機構の使命は、まず共通教育の実質化と高度化を行い、全学部と協同して「学士の質保証と地域人材の育成」に取り組むことです。また、学生が時に留学生も交えて対話し共に成長する場として「学習交流プラザ」と「アクティブラーニングプラザ」が整備され、ここでの交流や様々な活動を通じて人の輪が広がり深まり、新しい教育の場で主体性と協働性をもった学生が育ってきています。

 鹿児島大学は、新しい時代を切り開いていくために知識・技能ばかりでなく創造力や思考力を有した意欲溢れる学生の輩出に努力しています。御社におかれましてはそこをご理解いただき、本学の学生の就職につきまして更なる御高配をたまわりますよう、宜しくお願い申し上げます。