進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

学部・大学院・教育研究施設

トップページ>学部・大学院・教育研究施設>連合農学研究科〔概要紹介〕

連合農学研究科〔概要紹介〕

連合農学研究科のページへ

 

研究科概要

 鹿児島大学大学院連合農学研究科は佐賀大学、琉球大学と鹿児島大学が連合した農水産学系の独立博士課程大学院です。九州・沖縄地域から東シナ海、東南アジアまで拡がる恵まれた自然環境・生物資源を有する本研究科は、地域性を生かした食料生産、社会科学、持続可能な農林水環境の保全、生物資源や食品の有効利用、先端生命科学などに関する幅広い研究と教育が行われています。このような研究・教育により食料・健康・環境に関わる高度な専門知識と学識を備え、新しい生物産業の創成を日本はもとより国際的な視野で先導的にリーダーとして活躍できる人材の養成を目指しています。教育組織は3大学の多彩な教員から構成されるため、ユニークな教育指導を受けることも特徴です。留学生を積極的に受け入れる態勢にあり、国際性豊かな大学院となっています。修了生は大学教員、公的研究機関や企業の研究者や指導者として活躍しています。

 

(1)アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 農林水産学分野、すなわち生命科学に基づく食料生産や生物資源環境に対する興味と問題意識を持ち、学位取得に至るまでの熱意と能力を備え、課題解決と学理探究を目指す、学生および社会人を国内外から積極的に受け入れる。

 

(2)カリキュラムポリシー(教育カリキュラム・学習指針)

 本研究科では、「生物生産科学」、「応用生命科学」、「農水圏資源環境科学」のそれぞれの専攻分野で、次に掲げる学位プログラム教育と高度人材養成教育を行う。
学位プログラム教育:農学に関連する幅広い学問と高度な専門知識・技能を修得させ、研究指導を通して諸課題を探索・解決する能力を向上させる。
 高度人材養成教育:博士課程学生として確かな分析力・俯瞰力・説明能力を身につけさせるとともに、困難な課題に挑むチャレンジ精神やグローバルな視野の獲得など、実社会の発展に貢献できる能力を育てる。

 

(3)ディプロマポリシー(学位授与方針)

 本研究科の定める所定の単位を履修するとともに、学術誌に発表した主論文に基づき作成した学位論文の審査及び最終試験に合格することが学位取得の要件である。なお、取得時においては以下の能力が具備されていることが期待される。
1.「博士」として社会から期待される品位と高度な専門知識を持ち、農林水産分野の課題探求と解決に至るまでの研究を、自立的に遂行できる能力を具備していること。
2.「研究者・技術者・教育者」として、地域社会から国際社会まで幅広く活躍できる能力とリーダーシップ精神が涵養されていること。


 

入試情報

入試情報に関する詳しい情報はこちら

 

 

組織

課 程 専 攻 連合講座
博士課程 生物生産科学 熱帯資源・植物生産科学,動物資源生産科学,地域・国際資源経営学
応用生命科学 生物機能化学,食品機能科学,先端応用生命科学
農水圏資源環境科学 生物環境保全科学,地域資源環境工学,水産資源環境科学

 

入学状況【平成28年度】

課 程 専 攻 入学定員 志願者数 入学者数
博士課程 生物生産科学 7 12 11()
応用生命科学 8 5 4()
農水圏資源環境科学 8 18 18()
※(  )は女子で内数

 

就職状況(就職支援センターのホームページへ)

就職状況に関する詳しい情報はこちら