入試案内

>トップページ >入試案内 >日本学生支援機構および各種団体奨学金

日本学生支援機構および各種団体奨学金

これから奨学金を希望する方☞こちら

奨学金の貸与を受けている方☞こちらへ

よくある質問(Q&A)☞こちらへ

 

お知らせ(新着情報) 

 

掲載・募集状況      詳 細 情 報
最新版

〈最新情報〉2020/7/1【日本学生支援機構】

【旧制度】給付奨学生対象 在籍報告について

 旧制度の給付奨学金受給者は、下記の説明資料を熟読して、速やかに「在籍報告」を行うこと

「(旧制度)『在籍報告』の提出(入力)手続き」について

最新版

〈最新情報〉2020/7/1【日本学生支援機構】

【新制度】給付奨学生対象 在籍報告について

 旧制度の給付奨学金受給者は、下記の説明資料を熟読して、速やかに「在籍報告」を行うこと

「(新制度)『在籍報告』の提出(入力)手続き」について

最新版

〈最新情報〉2020/6/26【日本学生支援機構】

 「緊急特別無利子貸与型奨学金」の募集について

 無利子の貸与型第二種奨学金希望者を募集します。下記URLからご確認ください。

 「緊急特別無利子貸与型奨学金」案内URL

終了

〈最新情報〉2020/6/11【日本学生支援機構】

 定期採用申込の追加募集について

 定期採用(貸与型・給付型)の追加募集を行います。詳細は下記ポスターおよびURLから確認してください。

  追加募集案内ポスター

   https://www.kagoshima-u.ac.jp//education/shougaku/kikoun.html

 

終了 

2020/5/22 日本学生支援機構】

 学生支援緊急給付金(「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』)について

 日本学生支援機構より、アルバイト収入が激減・途絶した学生の救済措置として給付金支援が行われます。下記の資料①~④をすべてダウンロード・熟読の上、期限内に必要書類の提出を行ってください。

  資料の一部訂正について 

 ①手続きについて(説明資料)

 ②手引き(説明資料)

 ③「様式1(※両面コピー)」(提出書類)

 ④「様式2」(提出書類)

 

 ※申請にあたり申込要件が多岐に渡っているため、各自「手引き」を熟読し要件を満たしているか確認すること。

 

最新版

〈最新情報〉2020/5/7【日本学生支援機構】

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応措置について

 ●採用候補者の方  

 手続期間が延長になりました。詳細は下記URLから確認してください。

  https://www.kagoshima-u.ac.jp//education/shougaku/kikoun.html

 

 ●家計が急変した方  

  対応措置(給付型:家計急変採用、貸与型:緊急・応急採用)があります。

  該当学生は奨学金窓口へメールにて相談してください。

メール:syogaku[at]kuas.kagoshima-u.ac.jp (本学学生専用)

     注意1:[at]を@に変換してください。

   注意2:学務webシステムに登録してあるメールアドレスから問い合わせてください。

     (システムに登録の無いメールからの問い合わせには対応不可)

   注意3:氏名・学籍番号を本文中に記載すること。

 

最新版

〈最新情報〉2020/4/10【日本学生支援機構】※貸与終了者対象               

   在学猶予願の手続について 

 奨学金の貸与を終了(辞退・満期・廃止)後も鹿児島大学に在学予定の方は、在学中の返還猶予を願い出ることが可能です。 

 (「在学猶予」と「返還猶予」は異なります)

 対象者は、下記の資料を確認し、期限内に手続を行ってください。 

 在学猶予願の手続きについて(PDF)

 ※対象者は下記の入力マニュアルを参照し手続してください。

 在学猶予願マニュアルはこちらをクリック(PDF)

最新版

(国内・貸与と給付)

〈最新情報〉2020/4/8【日本学生支援機構】※学部生対象(大学院生は各研究科担当窓口へ)

 新型コロナウィルス感染拡大に伴う奨学金採用スケジュールの変更について

 

  新入生・在学生のみなさまは下記URLから変更後のスケジュール・手続きを確認してください。

  https://www.kagoshima-u.ac.jp/education/shougaku/kikoun.html 

 

 【参考】 初回振込月について

 新入生で「採用候補者決定通知」をもっている方→6月以降

 新入生で入学後、新規申込を行う方→7月以降(「採用」になった方のみ)

 在学生で「給付型奨学金」の在学予約申込者→5月以降(「採用」になった方のみ)

 在学生で新規申込を行う方→7月以降(「採用」になった方のみ)

 

最新版

(海外・貸与)

〈最新情報〉2020/3/30【日本学生支援機構】※学部生対象(大学院生は各研究科担当窓口へ)               

2020年度第一種奨学金(海外協定派遣対象)の申込受付について

  短期で留学をされる学生で、日本学生支援機構の「2020年度海外留学支援制度(協定派遣)」の給付を受ける方が申し込み可能な貸与型奨学金です。

2020年度第一種奨学金(海外協定派遣対象)について←こちらをクリック

 

最新版

(国内・新型給付)

〈最新版〉2020/3/19 【日本学生支援機構】

 2020年4月開始の新制度給付奨学金リーフレット(日本学生支援機構作成)について

(リーフレット)「学びたい気持ちを応援します(高等教育の修学支援新制度)」←こちらをクリック

 ※このリーフレットには記載されていない申込要件があります

最新版

(海外・貸与)

 

〈最新情報〉2019/12/11【日本学生支援機構】

 令和2年度 第二種奨学金(短期留学)の申込みについて【貸与型】(PDF) ←こちらをクリック

※令和2年度中に海外の大学・大学院へ短期留学を計画をしている方向けです。

最新版

〈最新情報〉2019 / 10 / 17【日本学生支援機構】【緊急・応急採用受付開始!】

   令和元年台風19号の影響による被害地域世帯について

  台風19号の影響による13都県315市区町村の被害地域世帯学生に対する緊急・応急採用の受付を開始しました。

  下記「緊急・応急採用(PDF)」のNo.4をご参照ください。

 緊急採用・応急採用(PDF)←こちらをクリック

 

最新版

(海外・貸与)

 

〈最新情報〉2019/ 7 /4【日本学生支援機構】

令和2年度第二種奨学金(海外)の申込受付について(PDF) 

※学位取得(学士・修士・博士)を目的として海外の大学や大学院に進学を希望する学生が対象

最新版

〈最新情報〉2019/3/29【日本学生支援機構】

日本学生支援機構「奨学金相談センター」の開設について

「貸与・給付奨学金相談センター」と「奨学金返還相談センター」が統合され、

「奨学金相談センター」が開設されましたのでご利用ください。

 

日本学生支援機構「奨学金相談センター」電話番号

 0570-666-301(ナビダイヤル)

※2019年4月1日(月)よりスタート

 受付時間 平日 9:00~20:00

 

 

奨学金担当窓口一覧

 

種  類

学  種

対 象 学 生

担 当 窓 口

日本学生支援機構

学部

学部生
(2年以上の医・歯学部生を除く)

学生生活課経済支援係
(共通教育棟1F)

学部生
(医・歯学部2年以上)

桜ヶ丘地区
学生支援係

大学院

修士課程

各研究科
奨学金担当窓口

博士課程

各研究科
奨学金担当窓口

専門職大学院

各研究科
奨学金担当窓口

特に優れた業績による返還免除

各研究科
奨学金担当窓口

各種奨学金

学部

学部生
(医・歯学部を除く)

各学部
奨学金担当窓口

医・歯学部

桜ヶ丘地区
学生支援係

大学院

修士課程

各研究科
奨学金担当窓口

博士課程

各研究科
奨学金担当窓口

専門職大学院

各研究科
奨学金担当窓口

 

【その他の奨学支援制度】国の教育ローン(日本政策金融公庫)

 日本政策金融公庫が取り扱っている「国の教育ローン」は、入学・在学する学生の「家庭の経済的負担の軽減」と「教育の機会均等」を図るために創設された、公的な制度です。

 日本政策金融公庫のホームページはこちら

※お問い合わせ先 教育ローンコールセンター 0570-008656又は03-5321-8656

 

奨学金問い合わせ先

   鹿児島大学学生部学生生活課経済支援係

    〒890-0065 鹿児島市郡元1-21-30

    電 話:099-285-7329(直通) 8時30分~17時

    メール:syogaku[at]kuas.kagoshima-u.ac.jp (本学学生専用)

                   注意1:[at]を@に変換してください。

              注意2:メール送信時には件名に学籍番号・氏名をご記入ください。

                                     記入のないメールには返信いたしかねますのでご了承ください。

                   注意3:返信にはある程度の日数を要します。ご了承ください。

                  (急ぎの問合せ等は時間内に直接窓口に来室願います)