大学紹介

>トップページ >大学紹介 >学長メッセージ

学長メッセージ

「南九州から世界に羽ばたくグローカル教育研究拠点・鹿児島大学」を目指して

 

鹿児島大学長 佐野 輝

 

鹿児島大学長

 鹿児島大学は、9つの学部と9つの大学院研究科を擁し、約9,000名の学部学生と約2,000名の大学院生(うち留学生約300名)、併せて約11,000名の学生が在籍しています。学生数から見ましても、九州においては九州大学に次いで大きな南九州における最高学府として存在するのが鹿児島大学です。鹿児島大学が、現在の新制大学としての形を整えましたのは、昭和24年・1949年のことです。明治以降に設立された旧制第七高等学校造士館をはじめ各種の高等専門学校を統合して発足した新制国立鹿児島大学としての歴史は、2019年に70周年の節目を迎えました。この70年の間には、戦後の復興と高度経済成長を経て、日本は世界有数の先進国となり、平和な社会を獲得しました。その間、学生運動の大きな嵐もありましたが、最先端の学術研究の教育を受けた多くの人材を輩出し大きな役割を果たしてきました。
 
 さて、昨年初めから拡大を見せる新型コロナウィルス感染症は、私たち人類にとって大きな試練となっています。昨今のグローバル化の進展により、小さな地域での感染症の発生が、地球規模の問題となる現実をまざまざと見せられました。全世界で多数の死者、防疫のための国境封鎖、経済活動への大きな打撃からの世界的な経済不安など、混迷は深まるばかりです。
 
 しかし、このような時こそ、人類が蓄えてきた「知の力」を充分に活かすべきであると考えます。「知の力」にとって、大学とはその中心的な「知の拠点」です。「知の力」の「知」とは、知識の「知」のみならず、知恵の「知」であり、熟慮をしてこその「知」です。本学の大学憲章では、「自主自律と進取の精神を培い、自ら困難に立ち向かい、地域社会や国際社会で活躍しうる人材を育成する」と謳っています。互いが協力し合い、「知の力」をもって地球レベルの困難に立ち向かいましょう。
 
 さて、鹿児島大学は、“南九州から世界に羽ばたくグローカル教育研究拠点・鹿児島大学”となることを目指しています。本学の位置する鹿児島は、アジアと世界の諸地域に開かれた南の玄関口として、海外との交流を通じ異文化の導入を率先して行い、豊かな文化や学術を育み、我が国の変革と近代化を推進した数多くの人材を輩出してきた地でもあります。また、日本初の認定を受けた世界自然遺産「屋久島」や世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を有し、さらには世界自然遺産を目指す奄美群島を含む、南九州から南西諸島など南北600キロに及ぶ県土を有する地に位置しています。
 
 今後、鹿児島大学は、この南北600キロに及ぶ県土を本学のキャンパスとして、そこにある自然・歴史・風土・産業を土台としつつ、地域とともにある大学としての「地(知)の拠点」の活力を通じて、そしてまた「知の力」をもって地球レベルの困難に立ち向かう人材育成機関として真のグローカル教育研究拠点を目指して皆さんとともに進んでいきたいと思います。
 
 
 
 
●本学へのご意見・ご要望はこちらからお送りください。