大学紹介

>トップページ >大学紹介 >経営人材の確保・育成方針

経営人材の確保・育成方針

国立大学法人鹿児島大学における経営人材の確保・育成方針
 
令和3年3月16日
学 長 裁 定
 
 国立大学法人鹿児島大学(以下「本学」という。)の経営及び教学運営を担う人材(以下「経営人材」という。)を育成する方針を以下のとおり定める。
 
【基本方針】
 本学は、グローカル人材の育成や地域社会からの要請等、継続的にその役割を果たしていくため、経営に必要な能力を備える人材や教学面の先見性や国際性、戦略性を有する人材を、経営人材として、以下の方針に基づき長期的視点に立って、計画的に確保・育成します。
 
【経営人材の確保・育成】
 多様な分野における経験や知見を大学経営に活かすため、組織経営や各種活動において経験豊富な外部人材を理事などの経営人材として、積極的に登用する。
 
 学長補佐を将来の経営幹部候補と位置づけ、優秀な若手教員や女性教員を発掘し、経営人材として確保・育成する仕組みを機能させる。
また、学長補佐にあっては、各理事の企画立案に積極的に関与させること等を通じ、大学経営を経験する機会を確保する。
 
 学部、研究科、附属病院等(以下「学部等」という。)においても、学部等の長を補佐する職務に若手教員や女性教員を抜擢し、将来的に学部等の長となる人材の育成を図る。
 
 事務職員に対しては、「国立大学法人鹿児島大学人事基本方針」に基づき、OJTや階層別研修、SDの実施、自己啓発の支援等により高度な専門的知識を備えさせる等、経営等に参画できる人材の育成を行う。また、女性管理職の増加に向け、計画的な育成を行う。
 
 将来の経営人材に対し、経営・マネジメント等に関する知識の習得や学外者との繋がりを持たせるため、計画的に学外におけるマネジメントセミナーや研修会等に参加させる。