教育・学生生活

>トップページ >教育・学生生活 >1月後半以降のサークル活動について(第9報)

1月後半以降のサークル活動について(第9報)

令和 3年 1月14日
     学生の皆さん
学 長     
 
 
 
 皆さんの新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ目的から、鹿大生の帰省の分散化を図るなどのために1月4日(月)から1月15日(金)の期間は遠隔授業としていましたが、感染症収束の見通しが立たないまま1月30日(土)、31日(日)には大学入学共通テスト第2日程を迎えることから、18日(月)以降の授業を、原則、遠隔授業にて実施することとしました。
 
 これらの状況を踏まえ、引き続き遠隔授業が実施される1月18日(月)以降当分の間、サークル活動及び学生サークル会館の使用は引き続き自粛願います。
※1月30日(土)、31日(日)は大学入学共通テスト第2日程が共通教育棟1号館で行われるため、試験場となる共通教育棟1号館及び周辺施設・場所(大学会館、学生サークル会館Ⅰ、学習交流プラザ、進取の気風広場、玉利池周辺)は立入禁止となります。
 
 
 なお、同期間にやむを得ずサークル活動及び学生サークル会館の使用を計画している場合は、必ず活動日1週間前までに「新型コロナウイルス感染状況下における活動計画書」及び「参加者名簿」を学生生活課に提出し許可を得てください。
 
 また、重ねてお願いしますが、1月8日付け学長名文書で通知したとおり、不要不急の他県への旅行や帰省、又は他県からの家族の帰省については自粛していただき、やむを得ない場合でも2週間の健康観察期間をおき体調管理には万全を期して頂くと共に、
 
 感染リスクが高まる5つの場面(①飲酒を伴う懇親会等、②大人数や長時間に及ぶ飲食、③マスクなしでの会話、④狭い空間での共同生活、⑤居場所の切り替わり)を避けて行動することを強く求めます。
 
 学生の皆さんには、鹿児島大学生として引き続き慎重で自覚のある行動をとられることを強くお願いします。