トップページ教育・学生生活【授業料免除】授業料等減免の適格認定における学業成績の判定結果通知について

【授業料免除】授業料等減免の適格認定における学業成績の判定結果通知について

2022.5.20

「新制度」における授業料等減免を受けている学生 各位
(対象者には学務webシステム経由でメールしています)

 

 本日(2022/5/20)、「新制度」における授業料等減免を受けている学生の皆さんに、令和3年度の学業成績の判定結果通知を送付しました。各自、学務webシステムにログインし、[学生情報照会]→[免除情報]に掲載のPDFをご確認ください。PDFは各自保存してください。

※この判定は、年に1回、日本学生支援機構の給付奨学金の適格認定に連動して実施されるもので、今回は令和3年度の学業成績を元に判定しています。
給付奨学金の適格認定が「警告」または「廃止」判定となった方には、2022/4/18に、本学の奨学金担当から、給付奨学金に関する「事前通知メール」を送信しています。

 

修学支援新制度通知書(PDF)の見方について

(1)文書名が「学業成績の判定結果」である場合

220519_menjo_screen01.png

授業料等減免の認定を継続します。

ただし文書内容が「警告」である場合、1年後の判定時に再度「警告」となった場合は、給付奨学金は「廃止」、授業料等減免は「認定取消」となります。

また、今回の結果に関わらず、1年後の判定時に「廃止」となり、その廃止事由が「学業成績の著しい不良」等に該当する場合、減免した授業料の返還が求められます。

 

(2)文書名が「認定取消通知書」である場合

220519_menjo_screen02.png

「廃止」区分に該当したため、授業料等減免の認定は取消となり、令和4年度以降、「新制度」における授業料等減免の対象外となります。
前期授業料の引き落とし日は、5/27です(休学中の者を除く)。

※なお、現在、授業料免除【旧制度】を併願している者は、今後は「旧制度のみ」の申請者として選考が行われます。引き続き、旧制度の書類作成・提出等の手続を進めてください。

 

授業料免除選考の今後の流れについて

(1)の方は、授業料等減免申請要領【新制度】(p.4~5)の通り、給付奨学金の支援区分(Ⅰ~Ⅲまたは支援区分対象外)に基づく選考結果と授業料納付額を、学務Webシステムメール経由で、8月下旬にお知らせします。

選考に基づく前期授業料の引き落とし日は8/27です。

 

お問い合わせについて

本件に関して問い合わせがある場合は、2022/5/20のメール「授業料免除に関するお知らせ」に返信する形でご連絡ください。
氏名と学籍番号を必ず明記してください。

※電話では本人確認ができないため、対応不可。

>>授業料免除及び入学料免除・徴収猶予に戻る