学生インタビュー

トップページ >学生インタビュー >入枝 巧磨 

  • 人文社会科学研究科 経済社会システム専攻
  • 入枝 巧磨 さん (神村学園高等部)
  • 動物愛護に関する仕事や活動に携わっていきたい

 鹿児島大学は、アットホームな雰囲気と豊かな自然に包まれた広大なキャンパスが魅力です。大学の教職員の方々は、相談や質問にはきめ細かく答えて頂けますし、すごく距離が近いと感じます。また、大学内には学生が集まることができるスペースももちろんですが、個人が一人で使える場所も用意されているので、一人一人が大学生活を楽しめる環境になっています。

 私は、地域社会の野良猫の問題を解決するための取り組みについて研究しています。ボランティアに参加したり、猫の保護に取り組んでいる人のお話を伺ったりしています。関わる人それぞれに色々な意見や考え方があり難しい課題ですが、探求しがいのあるテーマだと感じています。将来の目標は、動物愛護に関する仕事や活動に携わっていきたいと考えています。特に猫に関する問題はまだまだ課題が山積みなので、調査の中で「大学の人が関わってくれると心強い」と言って頂くことも多く、何らかの形で学んだことを還元できればと思っています。

 鹿児島大学は、異文化交流も盛んで、色々なバックグラウンドを持った人たちとの交流を楽しむことができます。とにかく学生が色々なことにチャレンジできる環境なので、入学後の学生生活を楽しみに、受験勉強を頑張ってください。