学生インタビュー

トップページ >学生インタビュー >円城寺 佑貴 

  • 理工学研究科 化学生命・化学工学専攻
  • 円城寺 佑貴 さん (小城高校)
  • 人々の健康を手助けしたい

 鹿児島大学には9つの学部があり、総合大学の中でも学部数が多いことが魅力だと思います。多様な分野、様々な考え方の人がいるため、勉強以外にも多くのことが学べます。また、鹿児島の中心部にあるため、交通の便が良く、離島など鹿児島ならではの場所にも行きやすいです。

 私が大学生活で一番打ち込んでいることは、研究です。現在、がんに対する抗体の研究をしています。研究はうまくいかないことも多いですが、今までできなかったことを解決できた時は達成感を得ることができます。まだまだ分からないことも多くありますが、先生方のご指導の下、研究室のみんなと協力して頑張っています。理工学研究科には先端科学特別講義というものがあります。これは、理工学研究科の先生や外部講師の方が、実際に行われている研究分野について講義するものです。この講義は専攻に関係なく受講できるため、自分の分野とは異なる研究に関する話を聞くことができます。将来は、製薬関係の仕事に就き、人々の健康を手助けしたいと思っています。大学での講義を通して、有機化学や生化学などの化学をベースに様々なことを学べました。これまで学んできた知識を活かし、人々の生活を豊かにする新薬の研究開発に携わり社会に貢献することが目標です。

 鹿児島大学化学生命工学科は、化学の知識はもちろん、化学をベースに生物など幅広い分野について学ぶことができます。また研究を通して、より専門的な分野を学ぶこともできます。化学が好きな人、興味がある人はぜひ鹿児島大学で勉強してみませんか?