学生インタビュー

トップページ >学生インタビュー >鶴田 綾 

  • 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻
  • 鶴田 綾 さん (樟南高校)
  • 広い視野で多角的に、現場に根差した学習ができます

 鹿児島大学大学院臨床心理学研究科は、知識、実践ともに非常に充実しています。教育・福祉・医療・司法矯正の4領域全てがカリキュラムに網羅されており、また、実践と研究を数多く重ねられている先生方がいらっしゃることから、広い視野で多角的に、現場に根差した学習ができるところが魅力的です。

 基礎を押さえ、より専門的な知識を習得するために一学生として入学しますが、私たちは学内においても鹿児島大学心理臨床相談室の一員として携わらせていただいています。知識と実践を身につけられる環境が、学内にてバランス良く整えられています。さらに学外実習に関しては特に緊張感を持ちつつ全力で実習プログラムに臨んでいます。これから臨床現場へ進む一人として日々知識と実践の両方を大切に過ごしています。2年間という時間はあっという間ですが、実際に学内・学外実習を通して臨床現場を体感し、現場のイメージをクリアにすることができます。さらに、臨床心理学を学ぶ過程ではこれまで気づいていなかった自分自身について理解を深めることができました。

 臨床心理学はある一定の枠に留まる学問ではない、その幅広さを、大学院での2年間を過ごす中において感じることができます。学内・学外に限らず様々な場面で多くの先生方から学ばせていただいたことを機に、今後も広い視野を持って新たな地で多くの人々と関わり日々精進していきたいです。