学生インタビュー

トップページ >学生インタビュー >上之薗 知邑 

  • 医歯学総合研究科 健康科学専攻
  • 上之薗 知邑 さん (鶴丸高校)
  • 喜びや悩みを共有できる先生や友人に恵まれました

 鹿児島大学はのんびりとした環境にあります。常に他大学を意識してしのぎを削るような都会の大学とは性質が異なりますが、時には学部の垣根も越え、遠回りをしながらも着実に目標へ進んでいくような生活を送ることができます。

 現在、生活の中心にあるのは実験(医学系の基礎研究)です。頑張れば何か結果が出る、というものではないので産みの苦しみはありますが、一緒に悩んだり、進展があったときの喜びを共有したりできる先生や友人に恵まれました。医学知識の全くない状態で飛び込んだ研究室ですが、親身に指導してくれる先生方のおかげで、学んだり質問したりするのが楽しいです。研究室に配属された当初、内向的な自分は、もし結果が出たとしても学会発表なんてとんでもないと思っていました。しかし何度か参加するうちに、様々な方とフランクに意見交換ができるその機会を面白く感じ、またそこで得た意見や経験の貴重さに感謝するようになりました。

 私が所属する医歯学総合研究科は、文理に拘らずあらゆる背景の学生を受け入れています。それゆえ集まるのは年齢も経験も全く違うメンバーですが、不思議とまとまりのある居心地のいい環境です。ぜひ進路の選択肢に入れてみてください。