学生インタビュー

トップページ >学生インタビュー >芝木 菜津 

  • 水産学部 水産学科
  • 芝木 菜津 さん (清水東高校)
  • 海や魚が好きな方、水産に興味がある方へ!

 鹿児島大学は総合大学であるため、様々な地域から人が集まっています。いろいろな考えを持つ人と交流できるのが魅力の一つです。大学周辺は交通の便・治安もよく、安心して勉学に励める、暮らしやすい環境が整っています。

 私は大学で、魚食普及サークルに所属し、魚食普及と地域活性化を目的としたボランティア活動に打ち込みました。昨年は副部長を務め、「騎射場ぶり祭」という鹿児島の養殖ブリを使用した1700人規模の魚食イベントを自分達で企画・運営し、成功させることができました。これは養殖ブリを学生が直接仕入れ、30店を越える飲食店に卸し創作料理を提供してもらうイベントです。県庁や市役所、漁協などとの交渉、価格設定も学生自身が行うため、思い悩むこと、苦労することが多かったですが、とても勉強になりました。大学生活の中で印象に残っているのは、2年生の夏に、フィリピンでの国際連携プログラムに参加したこと。2週間滞在し、現地の大学生との交流や講義、ミルクフィッシュなどの養殖場見学をしました。自分のつたない英語では、日常生活もなかなか大変で、もどかしい思いをしましたが、様々な経験をすることができ、充実した2週間となりました。

 水産学部がある下荒田キャンパスから自転車で5分ほどのところに海があり、日々釣りを楽しむ学生がたくさんいます。アクアリウムが好きな学生は採集活動も行っています。本土とは思えないほどきれいな海で、ダイビングやシュノーケルも楽しめます。海や魚が好きな方、水産に興味がある方にはうってつけの場所です。ぜひ鹿児島大学で充実した4年間を過ごしましょう!