学生インタビュー

トップページ >学生インタビュー >河口 真奈美 

  • 教育学部 学校教育教員養成課程理科専修
  • 河口 真奈美 さん (延岡高校)
  • 留学生とたくさん交流し、他国の文化を学ぶ

 鹿児島大学には、桜島の噴火や偉人西郷隆盛のようにとても熱い学生がたくさんいます。

 私は、鹿児島大学の協定校間の交換留学で、韓国の江陵原州大学に一年間留学しました。江陵原州大学では、大学の講義や韓国語の授業を受けたり、サークル活動に取り組んだりして過ごしました。学校以外でも日本語を教えるアルバイトをしたり、江陵市というところのPR番組の撮影に参加したり、大好きなカフェ巡りをしたりと本当に多くの貴重な体験をしました。

 この留学経験を生かして、派遣留学説明会等に積極的に参加し、留学を考えている後輩の相談等に乗りたいと考えています。それから、鹿児島大学に来ている留学生とたくさん交流し、困ったことがあれば助けてあげながら、私自身も留学生から他国の文化を学んでいきたいと思っています。

 将来の夢は、海外の日本人学校で働くことです。留学を通して、他国の文化に興味を持つようになりましたし、やはり自分の目で見、肌で感じながら、現地の文化を学ぶことができればと考えるようになりました。子どものころから教員になることが夢でしたので、海外の日本人学校で働くことは、私にとって夢を叶える大きな一歩になると思っています。

 皆さんも鹿児島大学教育学部に入って、たくさんの経験をして、将来やりたいと思えることを見つけてほしいと思います。