進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

学生インタビュー

トップページ>学生インタビュー>大窪 和理
  • 理工学研究科 総合理工学専攻
  • 大窪 和理 さん (加治木高校)
  • 多くの自然が存在する面白い大学です

 鹿児島大学は、全国でも珍しい活火山である桜島、メヒルギ群落を見ることのできる喜入干潟、他にも豊かな山林の残る紫尾山や冠岳などの非常に多くの自然に囲まれています。さらに、少し足を伸ばせば離島固有の生物環境に触れることも出来ます。
 大学では、陸地に生息する貝類(カタツムリ)の分類の研究を行っています。カタツムリも種によって同じ種なのに殻の形や色が全く異なっていたり、逆に違う種であっても殻の形が非常に似ていたりするので、それらのカタツムリのDNA分析を行ったりして分類群を解き明かす研究をしています。
 これからの目標は、自分が打ち込んだ研究成果を国際学会のような大きな舞台で発表することです。将来は、中高生に自然と触れ合うことの面白さを伝えられるような仕事もしたいです。
鹿児島大学という大学は身近なところに本当に多くの自然が存在する面白い大学です。自然尽くしの学生ライフを送ってみたい学生はぜひ鹿児島大学へ