学生インタビュー

トップページ >学生インタビュー >野田 つくし 

  • 保健学研究科 保健学専攻助産学コース
  • 野田 つくし さん (玉龍高校)
  • 助産師は女性の一生を支える素敵な職業です

 鹿児島大学大学院保健学研究科助産学コースには、鹿児島県の特徴である離島・へき地での地域医療を学ぶ機会があります。それをベースに母子保健・周産期医療の現状を把握したうえで、探求したい自己課題を見出し、研究として取り組むことができます。また、助産師としての自立に向けて、社会に出てから必要なスキルを獲得したり、課題解決能力を養うことができます。

 私は、助産師という専門職を目指しているため、周産期医療や母子保健に関する専門的知識の獲得に力を入れてきました。学校の講義だけでなく、NCPR(新生児蘇生法)の取得や研修会等へ積極的に参加し、臨床現場で働く助産師の方々とお話しする機会を多く得ました。実際に働いている助産師の方々の生の声を聞くことで、これから自分たちに何が求められているのか、またどのような知識・技術を身につけなければならないか考えることができ、多くの刺激を得ています。助産学コースでは、2年間で2回の離島実習があります。実習目標に沿って実習計画書を作成し、実習先との打ち合わせも学生自身が行います。また、最終日には実習先の施設の方の前でプレゼンテーションを行い、講評をいただくことでさらに学びを深める機会となっています。

 助産師は女性の一生を支えることができる素敵な職業です。鹿児島大学大学院の助産学コースで多くの刺激を受け、実りあるキャンパスライフにしてみませんか?