教育学部 美術教育

教授

桶田 洋明

具象絵画の制作法

複数の絵具を使った描画技法

桶田洋明「過ぎゆく刻」F50号(油絵具・アクリル絵具・卵テンペラ絵具)

 絵を描くときに使う絵具は水彩絵具や油絵具が有名ですが、ほかにも生卵を使う卵テンペラ絵具(※1)やアクリル樹脂が入っているアクリル絵具(※2)など多数存在します。それらの絵具は単体で用いるのが一般的ですが、中身の異なる複数の絵具を組み合わせて使う技法もあります。例えば油絵具は光沢のある透明感が、テンペラ絵具はつや消しで鮮やかな色が魅力です。この異なる性質の絵具を両方使って描くことで、単体では得られない、魅力ある画面を構築することができます。
 私は特に油絵具・アクリル絵具・卵テンペラ絵具の3種類の絵具を中心に研究しています。3種類の絵具の特徴に応じた描画技法を検証し、それぞれの絵具に見合った描き方や組み合わせ方を導き出しています。私自身の絵画でそれらの技法を用いて制作し、その成果を展覧会や論文などを通して発表しています。

新たな描画技法の研究

桶田洋明「夏の輪廻」F130号(アクリル絵具・油絵具)

 近年では絵具を筆で描かずに、絵具の容器から直接画面につけて描く技法(圧搾技法・仮称)(※3)についての研究もしています。この技法によって、絵具を筆につける手間や用具の準備・片づけの時間が減り、制作時間を長く確保することができます。また、この技法を表現するために最適な容器の開発についても取り組んでいます。絵具メーカーとの協議を重ね、新たな容器の市販化をめざします。
 さらに、具象的な絵画表現において、体系的にとらえて描く技法の研究もしています。これらの技法を使うことで、誰でも簡単に形を描き表わすことができるようになる、そのための技法の種類や手順を明文化していきます。絵を描くことが苦手だと思っている人は多く、形を正確に描けないことから生まれる苦手意識がその要因として挙げられます。そのような人でもこれらの技法を用いることで正確な形態描写が可能となり、その結果、絵画表現に対する苦手意識が軽減することを目的としています。

用語解説

(※1)油絵具が登場する以前の絵具で、主に顔料を鶏卵で練ったもの。そこに油を加えたタイプは油絵具との併用が可能である。
(※2)第二次大戦後に普及した絵具で、顔料をアクリル樹脂溶液で練ったもの。水彩絵具と同じく水に溶けるが、乾燥後は耐水性を示す。
(※3)圧搾(あっさく)技法、またはスクィージングと名付け、チューブ状の容器に入った絵具をしぼって先端の細いノズルから出た絵具を画面につけて描く技法。

Profile

教育学部 美術教育

教授

桶田 洋明

1992年 筑波大学大学院修士課程芸術研究科修了。2000年 鹿児島大学教育部専任講師。2015年より現職。 1998年 安田火災美術財団奨励賞展、現代洋画精鋭選抜展銀賞。1999年 昭和会展。2002年 人間讃歌大賞展佳作賞。2003年イタリア美術賞展優秀賞。2008年スペイン美術賞展準大賞。2009-2010年 フランス・フレスコ画研修。2012年 鹿児島県芸術文化奨励賞。

学生(受験生)へのメッセージ

 絵の制作中は上手くいかない時間のほうが長いため、思い悩み、もがきながら描き進めています。しかし試行錯誤しているうちに突然上手くいく状態になるときがあり、その状態を迎えたときの喜びは格別です。試行錯誤した経験が次の作品制作にも生かされ、新たな技法の構築にもつながっています。また、これらの経験は絵画の効果的な指導方法の一助にもなっています。

他の研究者

法文学部 法経社会学科

准教授

上原 大祐

理学部 物理科学科

准教授

永山 貴宏

農学部 農業生産科学科

教授

後藤 貴文

工学部 環境化学プロセス工学科

教授

二井 晋

理学部 物理科学科

教授

小山 佳一

共同獣医学部 共同獣医学科

教授

三浦 直樹

国際島嶼教育研究センター

教授

高宮 広土

医学部 腫瘍学講座分子腫瘍学分野

准教授

河原 康一

国際島嶼教育研究センター

准教授

山本 宗立

グローバルセンター

講師

市島 佑起子

共通教育センター

准教授

藤田 志歩

共通教育センター

准教授

鄭 芝淑

臨床心理学研究科

教授

稲谷 ふみ枝

歯学部 口腔顎顔面補綴学分野

教授

西村 正宏

医学部 保健学科 理学療法学専攻

教授

牧迫 飛雄馬

役員

研究・国際担当理事

馬場 昌範

水産学部 水産学科

教授

小松 正治

水産学部 水産学科

助教

遠藤 光

農学部 農林環境科学科

准教授

鵜川 信

農学部 食料生命科学科

講師

加治屋 勝子

農学部 農業生産科学科

教授

坂上 潤一

工学部 化学生命工学科

教授

門川 淳一

工学部 電気電子工学科

准教授

奥田 哲治

工学部 機械工学科

教授

松﨑 健一郎

理学部 生命化学科

教授

内海 俊樹

理学部 数理情報科学科

准教授

中岡 宏行

教育学部 保健体育教育

講師

與儀 幸朝

教育学部 数学教育

准教授

和田 信哉

法文学部 法経社会学科

准教授

農中 至

アドミッションセンター

准教授

竹内 正興

教育学部 家政教育

准教授

黒光 貴峰

高等教育研究開発センター

准教授

伊藤 奈賀子

法文学部 人文学科 心理学コース 

准教授

山﨑 真理子

トップページに戻る