教育学部 教育学科

准教授

髙谷 哲也

教師に求められる専門性と教師の成長を支え促す条件

「教師に求められる専門性」を論じる難しさと危険性

学習者自身で創りあげていく学びの楽しさを教育学の授業では味わってもらえます

 「良い先生とはどのような人か」という、「教師に求められる専門性」をめぐる議論は、教育のあり方を左右する重要なテーマに位置づいています。しかし、このテーマは実は議論がとても難しいテーマでもあります。
 なぜなら、教育という営みは、「ある人に有効だった教育方法が他の人にも有効だとは限らない」、「人によって理想とする教育方法が異なる」という、「不確実性」に支配されているからです。多くの人は、教育を受けた経験があります。そのため、「良い先生とは?」と問われたら、だれでも具体的に語ることができてしまいます。しかし、それが本当に良い先生や良い教育の条件であるかどうかを証明することは困難を極めます。なぜなら、その条件が当てはまる人や状況がある一方で、当てはまらない場合も現実にはあるからです。そうであるにも関わらず、残念ながら、「丁寧に面倒をみることが良い教育」「厳しく育てなければならない」「競争が必要」といった、特定の個人の経験や考えに基づいた主張が世間では多くなされています。それらの主張は一見正しいように思えるという点で、実はとても危険なことでもあるのです。
 そのため、「教師に求められる専門性」は慎重に論じられる必要があり、どのように追究・明確化される必要があるのかということも含めて、教育学の様々な分野の知見を総合した議論と実証的・実践的な研究が必要とされています。

教師の成長にはどのような特徴があり、何によって支え促されるのか

学生・現職教員・様々な社会人など、多様な人々と共に学ぶからこそみえることがあります

 教職という職業に携わっている人達はどのように成長していっているのでしょうか?また、そこで起こっている成長の中身とはどのような変容なのでしょうか?さらにいえば、それらは何によって支えられたり促されたりしているのでしょうか?これらの問いを追究することは、教員の研修のあり方や、教職を目指す人達が学ぶ教員養成のあり方などを考える際に不可欠な視点です。
 教師の成長は、経験を積み重ねていけば実現するものではなく、知識や技術に熟達していく側面だけではとらえきれないことが明らかにされています。経験とともに失っていく側面があったり、教育観や授業観、子ども観、人間観などの価値観が問い直されることで、それまでに獲得してきた知識や技術を捨て、生まれ変わるような変化が起こる側面があったりするからです。
 現在私は、成長を遂げることのできる教師は、「自分の教育を疑い子ども(学習者)に学ぶ」力に長けていると考えています。日々の教育実践の中で、同僚とともに、研究的な営みを通して、いかに子どもに学びながら成長していっているか、教師の成長プロセスを詳細に明らかにする研究に取り組んでいます。また、そこで教師が直面する困難や苦しみにはどのような特徴があり、それを乗り越え成長していける教師は何によって支えられているのかを明らかにすることで、教師や教師を目指している人達の成長を支え促す学びのデザインと環境の実現を目指しています。

Profile

教育学部 教育学科

准教授

髙谷 哲也

兵庫県出身。大阪市立大学理学部地球学科を卒業後、大阪市立大学大学院文学研究科人間行動学専攻へ進学し、教育学を専門とする。2007年、同大学院後期博士課程修了(博士(文学))後、大阪大学非常勤講師、大阪市立大学文学部特任講師等を経て、2009年4月、鹿児島大学教育学部に着任。 専門は教師学・学校教育学。週に1~2校のペースで小中高等学校に足を運び現場の現実に学びながら、各学校や行政との協働で教師の成長を支える学びの場をデザインする活動に取り組んでいる。主な著書は、髙谷哲也編著(2011)『教師の仕事と求められる力量-新たな時代への対応と教師研究の知見から-』あいり出版。

学生(受験生)へのメッセージ

教育学という学問は、学校の先生や先生を目指す人だけでなく、すべての人にとって学び研究する価値のあるものだと思います。教育という営みは、学校だけでなく、家庭でも、職場でも、地域でも、人の営みの中には必ず存在するからです。それゆえ、誰でも持論を語ることはできますが、それを専門的に語り追究できるようになることの価値や面白さを、ぜひ多くの人に味わってもらいたいと思います。私もその魅力に惹かれ理学部を卒業後、この分野に進んできました。将来学校の先生や教育者になりたい人はもちろんのこと、教育や学校のあり方、教師という職業やその存在に関心のある人は、ぜひ一緒に学び追究しましょう!

他の研究者

農学部附属焼酎・発酵学教育研究センター

准教授

吉﨑 由美子

共通教育センター外国語教育部門

講師

二村 淳子

共通教育センター初年次教育・教養教育部門

准教授

今井 裕

高等教育研究開発センター

助教

森 裕生

農学部 食料生命科学科

准教授

池永 誠

鹿児島大学病院 心臓血管内科

講師

窪田 佳代子

医学部 医学科脳神経内科・老年病学

助教

﨑山 佑介

法文学部 人文学科

准教授

多田 蔵人

医学部 発生発達成育学講座小児科学

准教授

岡本 康裕

医学部 医学科

教授

桑木 共之

教育学部 技術科

准教授

浅野 陽樹

教育学部 学校教育教員養成課程(心理学)

准教授

島 義弘

工学部 先進工学科(情報・生体工学プログラム)

助教

岡村 純也

工学部 先進工学科(化学生命工学プログラム)

助教

新地 浩之

工学系 建築学専攻

准教授

鷹野 敦

医学部 医学科

講師

柏谷 英樹

工学部 先進工学科(電気電子工学プログラム)

准教授

渡邉 俊夫

工学部 先進工学科(化学工学プログラム)

教授

武井 孝行

工学部 先進工学科(機械工学プログラム)

教授

片野田 洋

法文学部 人文学科心理学コース

准教授

榊原 良太

法文学部 法経社会学科

准教授

酒井 佑輔

歯学部 歯科生体材料学

講師

河野 博史

歯学部 小児歯科学

准教授

岩﨑 智憲

歯学部 歯科矯正学

教授

宮脇 正一

鹿児島大学病院 発達系歯科センター 口腔保健科

助教

藤島 慶

共同獣医学部附属動物病院

助教

岩永 朋子

共同獣医学部 獣医学科

教授

田仲 哲也

共同獣医学部 獣医学科

教授

帆保 誠二

水産学部 水産学科

准教授

田角 聡志

水産学部 食品生命科学分野

准教授

内匠 正太

理学部 理学科(化学プログラム)

准教授

児玉谷 仁

理学部 理学科(数理情報科学プログラム)

准教授

松本 詔

法文学部 法経社会学科

准教授

上原 大祐

理学部 物理科学科

准教授

永山 貴宏

農学部 農業生産科学科

教授

後藤 貴文

工学部 環境化学プロセス工学科

教授

二井 晋

理学部 物理科学科

教授

小山 佳一

共同獣医学部 共同獣医学科

教授

三浦 直樹

国際島嶼教育研究センター

教授

高宮 広土

医学部 腫瘍学講座分子腫瘍学分野

准教授

河原 康一

国際島嶼教育研究センター

准教授

山本 宗立

グローバルセンター

講師

市島 佑起子

共通教育センター

准教授

藤田 志歩

共通教育センター

准教授

鄭 芝淑

臨床心理学研究科

教授

稲谷 ふみ枝

歯学部 口腔顎顔面補綴学分野

教授

西村 正宏

医学部 保健学科 理学療法学専攻

教授

牧迫 飛雄馬

役員

研究・国際担当理事

馬場 昌範

水産学部 水産学科

教授

小松 正治

水産学部 水産学科

助教

遠藤 光

農学部 農林環境科学科

准教授

鵜川 信

農学部 食料生命科学科

講師

加治屋 勝子

農学部 農業生産科学科

教授

坂上 潤一

工学部 化学生命工学科

教授

門川 淳一

工学部 電気電子工学科

准教授

奥田 哲治

工学部 機械工学科

教授

松﨑 健一郎

理学部 生命化学科

教授

内海 俊樹

教育学部 保健体育教育

講師

與儀 幸朝

教育学部 数学教育

准教授

和田 信哉

法文学部 法経社会学科

准教授

農中 至

教育学部 家政教育

准教授

黒光 貴峰

高等教育研究開発センター

准教授

伊藤 奈賀子

教育学部 美術教育

教授

桶田 洋明

法文学部 人文学科 心理学コース 

准教授

山﨑 真理子

トップページに戻る